横浜発、アートの「今」をお届けします

[text size switch]

お知らせ

2018-06-12 00:00:00 記者発表資料

横浜美術館 「2つのテーマで選りすぐりの収蔵作品を紹介! ■横浜美術館コレクション展2018年7月14日(土)-12月16日(日)『モネ それからの100年展に寄せて』『幻想へのいざない 駒井哲郎展をきっかけに』」

 2018年7月14日(土)から開始のコレクション展は、同時開催の企画展「モネ それからの100年」、10月13日(土)開幕の「駒井哲郎―煌めく紙上の宇宙」に関連し、「モネ それからの100年展に寄せて」と「幻想へのいざない 駒井哲郎展をきっかけに」の2つのテーマでご紹介します。
 一つめのテーマでは、クロード・モネ(1840-1926)が活躍した同時代の日本に着目し、近代化への活力あふれる時代の日本の美術の一端をご紹介します。また、「モネ それからの100年」展にて、モネら印象派の絵画における筆触分割の革新性にも着目したことから、筆触やブラッシュ・ストロークを用いた作品もご覧いただきます。さらに、今回の「モネ それからの100年」展が、モネの遺産に焦点を当てている点にも関連させて、既存のイメージを採り入れて既成のものの見方に揺さぶりをかける美術家たちの意欲作をご紹介します。
 一方、駒井哲郎は深い精神性と幻想性をたたえた世界を現出させた銅版画家です。駒井哲郎の世界にちなんで、もう一つのテーマは「幻想へのいざない 駒井哲郎展をきっかけに」です。夢幻的な花などをモチーフとする近藤弘明の作品など、主に現代日本画を中心に、幻想性に満ちた作品群をご覧いただきます。
 写真展示室は、モネと同時代のフランス写真を特集します。当時のフランスの風景、都市の景観や風俗を捉えた、ウジェーヌ・アジェ、ロベール・ドマシーらの写真をお楽しみください。
 横浜美術館が誇るコレクションの数々を、ぜひご堪能ください。