横浜発、アートの「今」をお届けします

[text size switch]

お知らせ

2018-09-07 14:00:00 記者発表資料

横浜美術館開館30 周年記念「オランジュリー美術館 ルノワールとパリに恋した12人の画家たち」

横浜美術館、読売新聞社、オランジュリー美術館は、2019年9月21日(土)から2020年1月13日(月・祝)まで、「横浜美術館開館30周年記念 オランジュリー美術館 ルノワールとパリに恋した12人の画家たち」展を開催します。
パリのセーヌ川岸に建つオランジュリー美術館は、チュイルリー公園のオレンジ温室を改装した可愛らしい美術館。画商ポール・ギョームらが収集した同館所蔵の印象派とエコール・ド・パリの作品群は、ヨーロッパ最高の絵画コレクションのひとつに数えられています。
横浜美術館開館30周年を記念した本展では、同コレクションから、ルノワール、セザンヌ、マティス、ピカソ、モディリアーニなど、パリを愛し芸術に魂を捧げた画家たちの名作約70 点を紹介します。ルノワールの傑作《ピアノを弾く少女たち》をはじめ、同館のコレクションがまとめて日本で紹介されるのは21 年ぶりとなります。芸術の都パリの“エスプリ”を横浜でご堪能ください。
※詳細は添付資料をご査収ください。

会期:2019年9月21日(土)~2020年1月13日(月・祝)