横浜発、アートの「今」をお届けします

[text size switch]

お知らせ

2018-09-20 10:00:00 記者発表資料

横浜市民ギャラリー「見えない境界に向き合う新進作家3名の作品を紹介 『新・今日の作家展2018 定点なき視点』」

現代美術の動向を紹介・考察する「新・今日の作家展」の第3弾として、本年は、社会や人々の意識のなかにある見えない境界に向き合い、既存のシステムを再考したり、固定されることのない関係や繋がりを見出し、制作を通じて自己と他者が共鳴する場を生成したりする作家を紹介します。
国内外のコミュニティに入り生活や価値観を共有することで、法や伝統など多様な観点から各地の状況を照射する岩井優。個人の記憶や他者との関係性に関心を持ち、家族という関係を題材に社会的な問題を取り込んだ表現を探求する川村麻純。沖縄を拠点に活動するなかで感じた自己の不確かな立ち位置を出発点に、土地や国家間の歴史や制度に着目してその意味を問う阪田清子。
本展は、定点なき視点から様々な事象やアイデンティティについて思考を巡らす3名の作家の新作とこれまでの作品を通して、日常や世界を再認識し、新たな気づきを誘発することを目指します。

会 期:2018年9月21日(金)~10月8日(月・祝) 10:00~18:00(入場は17:30まで)18日間、会期中無休