横浜発、アートの「今」をお届けします

[text size switch]

お知らせ

2017-03-02 00:00:00 記者発表資料

横浜市民ギャラリー「選りすぐりの収蔵作品で楽しむ春夏秋冬 コレクション展2017『季節をめぐる』開幕!」

横浜市民ギャラリーには、1964 年の開館以来、企画展や海外交流展、横浜ゆかりの作家の個展等を機に収集してきた作品がおよそ1,300 点収蔵されています。横浜市民ギャラリーコレクション展は、毎年テーマを設けて収蔵作品を選りすぐり、その魅力を広く知っていただくために開催しています。

今回は、収蔵作品の中から春夏秋冬の四季に描かれた/制作されたもの、また各季節を感じさせる作品を展覧します。四季が明確な日本では、古くから季節に応じ移り変わる自然が描かれ、人々の目を楽しませてきました。当館の収蔵作品は戦後美術が中心です。油彩、日本画、版画、写真、素描、漫画等95 点を通じ、作家や技法ごとの表現の多様性や、各季節の表情をお楽しみください。

会期中には、出品作家の園山晴巳氏(版画家)をお迎えし、具体的な版画技法等についてお話いただくアーティストトークと、市民ボランティアである「鑑賞サポーター」が作品を紹介するトークを開催します。