横浜発、アートの「今」をお届けします

[text size switch]

お知らせ

2017-09-19 00:00:00 記者発表資料

横浜市民ギャラリーあざみ野「初公開の映像インスタレーションをダイナミックに展示! 『渡辺豪 ディスロケーション/dislocation』展 開催」

「あざみ野コンテンポラリー」シリーズ展第8回として、3DCGによるアニメーション作品により現在、注目を浴びている映像作家、渡辺豪の個展を開催します。渡辺は、2013年に第24回五島記念文化賞美術新人賞を受賞後、約1年間フィンランドでの研修を行いました。本展は、研修帰国記念展としてフィンランド滞在の経験をもとに制作された最新の映像インスタレーションを中心に展示します。

渡辺は近年、〈光〉への興味を深めながら作品制作を行ってきました。高緯度地域特有の夏期に陽が沈まない〈白夜〉、そして冬期に陽がほとんど昇らなくなる〈極夜〉の現象が1年を通じて見られるフィンランドでの〈光〉の体験は、本展出品作の底流をなすテーマとなっています。それは、日本での生活で体験する〈光〉との関係とは異なる未知の体験を促し、そこから身体的、精神的な〈ズレ〉を感知した作家は、文字通り「ディスロケーション/ dislocation(ずれること;脱臼、転位、断層などの意味を持つ)」を着想しました。仮想の風景が強いリアリティをもって迫ってくる渡辺豪の世界をご堪能いただければ幸いです。