ロゴ画像:公益財団法人横浜市芸術文化振興財団

ご寄附のお願い REQUEST FOR DONATION

公益財団法人横浜市芸術文化振興財団は、創造性豊かで潤いと活力に満ちた市民生活の実現に寄与することを目的に、多彩なジャンルの芸術文化活動を振興しています。
この芸術文化活動を将来に渡り継続し、発展させていくために、皆様からのご寄附を広く募集しております。
皆様からのご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

※当財団は、2009年7月1日公益財団法人へ移行し、当財団への寄附は税制上の優遇措置が受けられるようになりました。

1 ご寄附の方法

下記のお申込用紙をダウンロードいただき、ご記入の上、郵送/FAX/メールにてお送りいただくことで、お申し込みいただけます。お手続きについてご不明の点は、当財団寄付担当までご遠慮なくお問い合わせください。

3 ご寄附の使途

寄附者様のご希望を伺い、使途を決定させていただきます。
1 芸術文化の創造及び発信
2 芸術文化活動の支援、協働及び創造性を育む機会の提供
3 芸術文化振興のための助成
4 芸術文化活動拠点の開発及び運営
5 芸術文化資源の収集、保存及び活用
6 芸術文化に関する情報の収集及び提供
7 芸術文化振興に関する調査研究及び政策提言
8 芸術文化振興のための国内外との交流
9 その他芸術文化振興を推進するための事業

4 ご芳名の掲載について

ご寄附くださった方には、ご本人の了解をいただいた上で、当財団の事業報告書および当ページにご芳名を掲載させていただきます。

5 税制上の優遇措置について

公益財団法人横浜市芸術文化振興財団への寄附は税制上の優遇措置が受けられます。

(1)法人の場合(法人税)
一般の寄附金とは別に、次のとおりの額を限度に損金算入することができます。
( 所得金額×6.25%+資本金等の額×0.375%)×1/2
(2)個人の場合(所得税)
「その年中に支出した寄附金額の合計額-2,000円」が、課税される所得金額から差し引かれます。
(寄附金額は所得額の40%相当が限度額)
※個人の場合はその他に、個人住民税の控除や、相続税の控除を受けられる場合があります。詳しくは、お問い合わせください。
※税制上の優遇措置などの詳しい内容については、国税庁のホームページをご覧いただくか、お近くの税務署又は市区町村の窓口にお問い合わせください。

6 寄附金控除を受けるための手続き

法人・個人いずれの場合も、上記の優遇措置を受けるためには翌年の確定申告が必要となります。確定申告の際は、当財団からの寄附金受領証明書が必要です。

7 これまでの寄附者ご芳名一覧

温かいご理解とご支援に心から御礼申しあげます。
ご寄附いただいた皆様へ感謝の意を表し、ご芳名を掲載させていただきます。

※公表を希望されない寄附者様につきましては、掲載を控えさせていただいております。

8 個人情報の保護について

ご寄附に際し、いただいた個人情報は、適正な管理・保護に努め、本寄附金関係の事務処理の目的に限り、利用します。詳しくは、プライバシーポリシーをご覧ください。

PAGE TOP