ロゴ画像:公益財団法人横浜市芸術文化振興財団

society society

芸術と社会をつなぐ

カテゴリー

年度で見る

サムネイル画像:絵でたどるペリー来航

絵でたどるペリー来航

横浜美術館の教育プロジェクトチームは、≪ペルリ提督横浜上陸の図≫を題材とし、従来、横浜市立中学校美術科等の教員たちと協働研究を行い、また、横浜の歴史や風景を題材とした場所をボランティアの案内でめぐる「街歩きツアー」の経験を蓄積してきました。本展はこれらの経験を生かしたユニークな展示となりました。
また、展示室内でボランティアそれぞれの視点を生かしたトークを行うなど、関連事業でもボランティアが活躍しました。

主催

横浜美術館

開催日

2019年9月21日~11月10日

開催場所

横浜美術館アートギャラリー1

Photo : ボランティアトークの様子 ©加藤健

閉じる
サムネイル画像:杉劇 アート de 伝承プロジェクト

杉劇 アート de 伝承プロジェクト

横浜市磯子区民文化センターでは、2017年度から3 年間のプロジェクトとして、後継者や担い手不足が課題となる、地域の伝統文化を伝承・普及するためのプログラムを実施しています。2 年目の2018年度は活動を本格化させました。
「調査・記録プログラム」では、磯子区内の15 の神社やその関係者へヒアリングを行うとともに、お祭りやお囃子の調査を定期的に行い、地域に根差した3 つのお囃子に出会うことができました。
2 月に実施した横浜市磯子区民文化センター「杉田劇場 冬まつりライブ2019」には、3 つのお囃子の一つ、岡村囃子一友會が出演し、地域に残る伝統芸能を紹介することができました。
また「伝承プログラム」では、区内の小学生を対象に、区内在住の笙奏者による雅楽と舞楽を解説付きで上演しました。教員向けの講座も開催し、身近な地域の方から子どもたちや教育に携わる関係者へ伝統芸能の魅力を伝え、理解を深める機会を提供しました。

主催

横浜市磯子区民文化センター 杉田劇場

開催日

通年(2018年4月1日~2019年3月31日)

Photo : 杉田劇場 冬まつりライブ2019 にて、岡村囃子一友會の演奏

閉じる
サムネイル画像:クリエイティブ・インクルージョンへの取り組み

クリエイティブ・インクルージョンへの取り組み

横浜みなとみらいホールは、2010 年から、横浜市の盲特別支援学校の生徒を対象としたワークショップを実施するなど、障がいの有無に関わらず、誰もが音楽を楽しむことができる取組みに、注力してきました。
2019年度は、横浜市内全域に展開する音楽フェスティバル「横浜音祭り2019」が開催され、横浜みなとみらいホールはメイン会場として多彩な事業を実施しました。中でもフェスティバル・コンセプトのひとつである「クリエイティブ・インクルージョン」においては特色のある事業を展開しました。
視覚障がいのある演奏者と晴眼の演奏者によるアンサンブルが、会場の照明をすべて消した状態で演奏する「ミュージック・イン・ザ・ダーク」では、演奏者も観客も、会場内の誰もが「何も見えない」状態の中、あらゆる感覚を研ぎ澄ませて音楽を楽しむという未知の体験に、感動の声があがりました。発達障害のある子どもとその保護者を対象とした事業「音と光の動物園」は、「動物の謝肉祭」の演奏とともに、子どもたちが作ったペーパークラフトの動物がアニメーションとなった映像を鑑賞。美術、音楽、映像、デジタルアートなど、広範な芸術と触れ合い、子どもたちの自発性・表現力を引き出す取り組みとなりました。
また、東京藝術大学 COI 拠点とヤマハ株式会社が共同で開発した、指 1 本で伴奏つきの演奏が可能になる楽器「ディスクラヴィア」を活用した「だれでもピアノ」では、前年度、横浜みなとみらいホールで実施した取り組みの新たな展開として、「象の鼻テラス」を会場に楽器を設置し実施しました。横浜開港の地であり、文化観光拠点の一つである空間で、訪れる人だれもが音楽に触れられる機会となりました。

主催

横浜みなとみらいホール

開催日

2019年度(2019年4月1日~2020年3月31日)

開催場所

横浜みなとみらいホール、象の鼻テラス

Photo : 10月20日 「だれでもピアノ」の様子/象の鼻テラス ©平舘平

閉じる
サムネイル画像:パイプオルガンと横浜の街

パイプオルガンと横浜の街

横浜は日本ではじめてパイプオルガンが設置された街であり、今も市内に多くの個性的なパイプオルガンが存在します。本年度、横浜みなとみらいホールでは、横浜市内7ヶ所のパイプオルガンの演奏を楽しむと同時に横浜を巡る、「横浜の街」の魅力発信につながる事業を行いました。
7つの会場は、ホールのほか、教会、ミッションスクール等、席数や会場の広さ、雰囲気も異なり、普段、足を運ぶ機会が少ない施設もありました。また設置されているパイプオルガンもスイス製、アメリカ製、ドイツ製、フランス製など様々で、製作年代も形状も特色があり、中には日本で演奏されているオルガンの中で最古と思われるものもありました。
各会場の個性的な空間で、世界で活躍するオルガニストたちの熱演が繰り広げられ、好評でした。中でも横浜みなとみらいホールで実施した演奏会には、フランス人オルガニスト、リオネル・アヴォを招聘。2019 年 4 月に被災したノートルダム大聖堂の再建への祈りを込めたプログラムによるもので、会場は感動につつまれました。

主催

横浜みなとみらいホール

開催日

2019年9月27日~10月27日

開催場所

横浜市内のコンサートホール、教会、ミッションスクール

Photo : 10月4日演奏会の様子/場所:横浜指路教会/オルガニスト:アマンダ・モール

閉じる
サムネイル画像:関内外OPEN!10

関内外OPEN!10

街をめぐりながら、アート、デザイン、建築、ファッション、食を楽しむクリエイティブ・イベントとして、今回で10 回目の開催を迎えました。
参加スタジオ(会場)数は135。回を重ねるごとにクリエイター同士のつながりも広く深まり、内容や進行について彼ら自身がアイデアを持ち寄り、自ら協力し推進する体制も整ってきました。公共空間である道路を一部封鎖し、路上やビルを活用したイベントでは祝祭感が醸し出され、いつもの街の違った魅力が引き出されました。イベントを通して、都市の様々な活動の中で彼らの創造性がどのように寄与しているのかを広く伝え、クリエイティブな活動に興味のある人々が交流し、今後の発展につながる貴重な機会となりました。

主催

公益財団法人横浜市芸術文化振興財団(アーツコミッション・ヨコハマ)、各参加スタジオ

開催日

2018年11月3日、4日

開催場所

馬車道、元町・中華街、関内、桜木町、石川町各駅周辺のスタジオ、関内の路上、市内で活躍するアーティスト、クリエイターのスタジオ等、約40拠点

Photo : 道路のパークフェスの様子

閉じる
サムネイル画像:地域の活性化への貢献

地域の活性化への貢献

文化施設が中心となり、周辺地域の賑わいづくりやコミュニティ活性へ貢献することは、重要な役割の一つです。
横浜にぎわい座は今年度、福祉施設や、銭湯、自治会館や古民家など7 施設へのアウトリーチを実施し、出張落語会を実施しました。また、黄金町バザール2018での「3ガガヘッズ出前演芸会」の企画・実施や、野毛山動物園と連携した「動物ものまね教室」を実施するなど、近隣地域の賑わいづくりに貢献しました。
横浜能楽堂、横浜市民ギャラリーは、紅葉ケ丘エリアの文化施設5館で協働し、エリアの発信力を高めるべく検討を始めています。今年度は横浜能楽堂が、神奈川県立青少年センターと連携して光の科学工作と本舞台見学をセットにした講座を、横浜市民ギャラリーは神奈川県立青少年センター子どもフェスティバルに参加し、ワークショップを行いました。周辺文化施設との協力により、地域全体の活性化への取り組みを進めています。

開催日

通年(2018年4月1日~2019年3月31日)

Photo : 銭湯「利世館」での出張寄席の様子

閉じる
サムネイル画像:英国ホストタウン交流事業

英国ホストタウン交流事業

横浜市及びブリティッシュ・カウンシルと連携し、クリエイティブ活動における平等、多様性、包摂(Equalities,Diversity and Inclusion)について先進的な取組みを行っているスコットランドから専門家を招き、フォーラムとその実践に向けたワークショップを開催しました。フォーラムでは、今後の世界において、文化芸術にとっても平等と多様性が根幹になっていくであろうこと、それらへの取り組みは常に継続し改善してくことが大切であることなどが提示されました。「多様性を考えるとき、障がいや人種といった観点だけでなく、私たち全員に多様性があり、その誰もが保護されなければならない」、「誰がマジョリティで誰がマイノリティかということは状況によって入れ変わる。一人ひとりの視点から主体的に考えていくことが大切だ」といった意見が交わされ、参加した多くの文化芸術関係者と共にグローバルな課題として共有することができました。

主催

公益財団法人横浜市芸術文化振興財団(アーツコミッション・ヨコハマ)、横浜市文化観光局、ブリティッシュ・カウンシル

開催日

2019年2月19日~21日

開催場所

神奈川県民ホール・大会議室、象の鼻テラス

Photo : フォーラムのパネルディスカッションにて発言する、ミリカ・ミロシェビッチ氏(クリエイティブ・スコットランド戦略部門イコーリティ・ダイバーシティ・インクルージョン担当長) ©森本聡(カラーコーディネーション)

閉じる
サムネイル画像:コンパスヨコハマ 2019

コンパスヨコハマ 2019

芸術創造特別支援事業 シンボルプログラム「コンパスヨコハマ 2019」

ラグビーワールドカップ 2019™の開催時期にあわせ、横浜の象徴的な場所である、横浜みなとみらい21 地区の中心に位置する「美術の広場」において、芸術文化イベントの開催を通し、横浜ならではの魅力とナイトタイムエコノミーの可能性を伝えるプログラムとして、横浜市と共催で実施しました。会場内に設置された、直径 20mのインスタレーション「ぐるぐる」と大型のアート作品「夢見る金魚」を中心に、アーティストによる展示、ワークショップ、ライヴパフォーマンスが行われました。また広場の木陰ではキッチンカーと DJ ブースによるオープンカフェが広がり、にぎわいました。
横浜みなとみらい 21 地区の開発が進む中で、美術の広場の役割は大きく変化しています。美術館と人々をつなぐ場である都市の広場には、豊かな自然環境があり、そこで美術を共同で体験することで、人々は触発され、商業施設の賑わいも相まって、横浜ならではの風景が生み出されました。本事業は実験的な取り組みとして都市と芸術の可能性を示すこととなりました。

主催

主催:公益財団法人横浜市芸術文化振興財団(広報・ACYグループ)
共催:横浜市

開催日

2019年9月20日~9月29日

開催場所

美術の広場(グランモール公園 横浜美術館前)

Photo : 会場の様子 ©加藤 甫

閉じる
サムネイル画像:クリエイティブ・インクルージョン活動助成

クリエイティブ・インクルージョン活動助成

アーツコミッション・ヨコハマでは共生社会の実現を目指し、多様性や社会の持続可能性を視野に芸術表現を追求するアーティスト、クリエイター等を支援しています。助成という枠組みにとどまらず、採択された団体が自立したプログラムとして継続できるように、年間を通じてサポートしています。
2019年度は 4 団体を採択しました。新規の採択となった「アート・クリエイティブによる病院内コミュニケーション増進プロジェクト」では、アートマネジメントを行うアートマネジメントオフィス アホイ!(代表:塚田信郎)が、横浜市内の病院で、入院中の子ども達やその家族などを対象に、アーティスト・クリエイターと協働しアートプログラムを実施。病院内外のコミュニケーションを活性化させ、病院をより過ごしやすい空間に変えました。
他にも、アーティストらが持つ独自のまなざしに注目した取り組みはメディアでの発信力も高く、多くの市民が作品などを通じて共生社会について考えるきっかけをつくりました。

主催

公益財団法人横浜市芸術文化振興財団(アーツコミッション・ヨコハマ)

開催日

通年(2019年4月1日~2020年3月31日)

Photo : 採択事業「アート・クリエイティブによる病院内コミュニケーション増進プロジェクト」©大野隆介

閉じる
サムネイル画像:淺井裕介と市民による共同制作プロジェクト「美術館を耕す」

淺井裕介と市民による共同制作プロジェクト「美術館を耕す」

淺井裕介と市民による共同制作プロジェクト「美術館を耕す」Meet the Collection 展

横浜美術館「Meet the Collection」展のゲスト・アーティストの淺井裕介が市民とともに大型の作品を制作しました。「子どものアトリエ」、「市民のアトリエ」と企画展との共同制作プロジェクトとして実施し、市民とともに 30 周年を祝いました。
制作したインスタレーション作品は会期中、グランドギャラリーに展示されました。

主催

横浜美術館

開催日

2019年4月27日、4月28日

開催場所

横浜美術館グランドギャラリー

Photo : 4 月27日 制作の様子

閉じる
矢印:ページ上部に移動します PAGE TOP