ロゴ画像:公益財団法人横浜市芸術文化振興財団

後援名義 NOMINAL SUPPORT

横浜市芸術文化振興財団では、横浜市内の芸術文化振興に有意義と認められる行事について、後援名義の使用を承認しています。当財団の後援名義の使用を希望される方は、必ず以下の内容をご確認の上、所定の様式にて申請書類をご提出ください。

1 対象団体

次の全てを満たす団体が対象となります。
1 主催者の存在が明確であること
2 会則等の定めがあり、団体意志が明確であること
3 行事遂行能力が十分あると認められること

2 対象行事

次の全てを満たす行事が対象となります。
1 文化芸術に関するもので、横浜市内の芸術文化振興に有意義と認められるもの
2 横浜市内で開催されるもの

 

※対象とならない行事
・個人主催のもの
・横浜市外で開催されるもの
・会員や関係者のみで行われる等、来場者が限定されるもの
・法令または公序良俗に反するもの
・特定の政治活動・宗教的活動に関するもの
・商用目的のもの(展示販売会など)

3 後援名義使用の条件

申請書類を受理後、審査の上、承認が決定しましたら、次の条件を付した上、申請者宛に「後援名義使用承認通知書」を交付します。また承認できない場合、別途ご連絡いたします。

 

1 後援名義は承認した行事のみに使用すること
2 後援名義の使用期間は、承認した日から当該行事が終了する日までとする
3 承認される以前に、チラシ、ポスター、ホームページ等に名義を使用することはできない(「予定」や「申請中」の記載も含む)
4 横浜のアートイベント検索サイト「ヨコハマ・アートナビ」へ情報提供すること(情報掲載について
5 開催場所の公衆衛生、災害防止等について十分な設備および処置を講じること
6 財団の担当職員が必要に応じて実地調査を行う場合は、それに協力すること
7 申請内容に変更(中止・延期を含む)があった場合は、行事変更届を提出すること
8 行事終了後2ヶ月以内に行事終了届を提出すること
9 後援名義の承認を受けたことを理由に物的・人的な協力等、後援名義以外の要求をしないこと
10 承認された行事の実施にあたって、全ての責任は名義申請団体に帰属する
11 承認された行事の実施により生じた関係者及び第三者に対する損害賠償は、名義申請団体が全責任を負うこと

4 承認の取り消しについて

虚偽の申請を行った場合、申請の内容と異なる行事を実施した場合、決定に付した条件に違反した場合は、承認を取り消す場合もあります。承認を取り消したことに伴う損害は、申請団体が負います。

5 申請書の提出期限

行事開催予定日の2か月前までに郵送でご提出ください。
(後援名義をチラシ・ポスターなどの広報物に掲載する場合、印刷の1か月前までが目安です)

6 申請時の提出書類

下記1~7の書類等を郵送でご提出ください。
・1~3は所定の様式があります。下記よりダウンロードしてください。
・4~7は各団体で作成、用意してください。様式は自由です。

 

1 後援名義使用申請書
2 行事計画書
3 収支予算書
4 団体の規約、会則、その他これらに類するもの
5 団体役員名簿(役職と氏名のみ。住所等の個人情報の記載のないもの)
6 前回実施のチラシ、または活動状況がわかるもの(初回の場合は可能な範囲で)
7 返信用封筒(承認通知書郵送用)…長3定型サイズ。封筒に宛先を明記し、84円切手を貼付

7 行事変更届について

申請内容に変更(中止・延期を含む)があった場合はすみやかに、行事変更届を郵送もしくはメール添付(PDF)でご提出ください。
・所定の様式があります。下記よりダウンロードしてください。

8 行事終了届について

行事終了後2ヶ月以内に下記1~3の書類を郵送でご提出ください。(終了届が提出されない場合、以降の後援名義は承認いたしません)
・1~2は所定の様式があります。下記よりダウンロードしてください。

 

1 行事終了届
2 収支決算書
3 当日のチラシ、プログラムまたはそれに類するもの

 

・収支決算書を作成する際は、下記についてご注意ください。
①収支決算書は、収支の合計欄が原則一致すること。
②積算根拠は、必ず記載すること。
③領収書等、決算の根拠がわかる書類は、行事終了後1年間は保管しておくこと。状況に応じて提出をもとめることがあります。

10 申請書類等の送付・お問い合わせ先

〒231-0023 横浜市中区山下町2 産業貿易センタービル1階
公益財団法人横浜市芸術文化振興財団
広報・ACYグループ「後援名義担当」宛

 

Tel 045-221-0212  Mail こちらをクリックするとメールが起動します
(受付時間 平日9:00~17:00 ※土日祝、年末年始を除く)

PAGE TOP