ロゴ画像:公益財団法人横浜市芸術文化振興財団

WHAT WE DO WHAT WE DO

わたしたちの活動実績

カテゴリー

年度で見る

サムネイル画像:杉劇 アート de 伝承プロジェクト

杉劇 アート de 伝承プロジェクト

横浜市磯子区民文化センターでは、2017年度から3 年間のプロジェクトとして、後継者や担い手不足が課題となる、地域の伝統文化を伝承・普及するためのプログラムを実施しています。2 年目の2018年度は活動を本格化させました。
「調査・記録プログラム」では、磯子区内の15 の神社やその関係者へヒアリングを行うとともに、お祭りやお囃子の調査を定期的に行い、地域に根差した3 つのお囃子に出会うことができました。
2 月に実施した横浜市磯子区民文化センター「杉田劇場 冬まつりライブ2019」には、3 つのお囃子の一つ、岡村囃子一友會が出演し、地域に残る伝統芸能を紹介することができました。
また「伝承プログラム」では、区内の小学生を対象に、区内在住の笙奏者による雅楽と舞楽を解説付きで上演しました。教員向けの講座も開催し、身近な地域の方から子どもたちや教育に携わる関係者へ伝統芸能の魅力を伝え、理解を深める機会を提供しました。

主催

横浜市磯子区民文化センター 杉田劇場

開催日

通年(2018年4月1日~2019年3月31日)

Photo : 杉田劇場 冬まつりライブ2019 にて、岡村囃子一友會の演奏

閉じる
サムネイル画像:パイプオルガンと横浜の街

パイプオルガンと横浜の街

横浜は日本ではじめてパイプオルガンが設置された街であり、今も市内に多くの個性的なパイプオルガンが存在します。本年度、横浜みなとみらいホールでは、横浜市内7ヶ所のパイプオルガンの演奏を楽しむと同時に横浜を巡る、「横浜の街」の魅力発信につながる事業を行いました。
7つの会場は、ホールのほか、教会、ミッションスクール等、席数や会場の広さ、雰囲気も異なり、普段、足を運ぶ機会が少ない施設もありました。また設置されているパイプオルガンもスイス製、アメリカ製、ドイツ製、フランス製など様々で、製作年代も形状も特色があり、中には日本で演奏されているオルガンの中で最古と思われるものもありました。
各会場の個性的な空間で、世界で活躍するオルガニストたちの熱演が繰り広げられ、好評でした。中でも横浜みなとみらいホールで実施した演奏会には、フランス人オルガニスト、リオネル・アヴォを招聘。2019 年 4 月に被災したノートルダム大聖堂の再建への祈りを込めたプログラムによるもので、会場は感動につつまれました。

主催

横浜みなとみらいホール

開催日

2019年9月27日~10月27日

開催場所

横浜市内のコンサートホール、教会、ミッションスクール

Photo : 10月4日演奏会の様子/場所:横浜指路教会/オルガニスト:アマンダ・モール

閉じる
サムネイル画像:横浜ダンスコレクション2019 他

横浜ダンスコレクション2019 他

横浜ダンスコレクション2019(2019年1月31日~2月17日) は「METHOD / SPACE /PRESENCE」をキーワードに展開しました。
オープニングプログラム『Futuristic Space』は、イスラエルを拠点に活躍する振付家 エラ・ホチルドと現代美術家 大巻伸嗣との領域横断的な世界初演作で各方面から注目を集めました。また、振付家のコンペティションでは過去最多となる35 カ国246 組の応募があり、国際的なダンスプラットフォームとしての認知度の高まりを印象付けました。
中国、韓国、日本の3 つのダンスフェスティバルが共同し、東アジア諸国のコンテンポラリーダンスを紹介するプラットフォームとして2017 年に開始した「HOTPOT 東アジア・ダンスプラットフォーム」は、第2 回をソウルで開催しました(2018年10月7日~12日)。日本からは3 作品が参加し、韓国、中国の作品とともに上演されました。世界各地から約100 名の国際的なダンスプレゼンターが集まり、交流、情報交換が行われ、世界のダンスコミュニティにおける東アジアの存在感を高めることにつながりました。
また横浜美術館の企画展「ヌード NUDE -英国テート・コレクションより」とのコラボレーションにより、大植真太郎・森山未來・平原慎太郎によるパフォーマンス「談ス/NUDE」を上演。財団の専門施設間の連携により、新たな表現の可能性を提示しました。

主催

横浜ダンスコレクション2019
主催:横浜赤レンガ倉庫1号館
共催:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、横浜にぎわい座

HOTPOT 東アジア・ダンスプラットフォーム
主催:City Contemporary Dance Festival(中国・香港)、SIDance(韓国・ソウル)、横浜ダンスコレクション

談ス/NUDE
主催:横浜美術館、横浜赤レンガ倉庫1号館、読売新聞社

開催場所

横浜赤レンガ倉庫1号館及び屋外広場、横浜にぎわい座 のげシャーレ

Photo : YDC2019 エラ・ホチルド×大巻伸嗣『Futuristic Space』 ©菅原康太

閉じる
サムネイル画像:わくわくブラス!in みなとみらい

わくわくブラス!in みなとみらい

日本の吹奏楽発祥の地である横浜は、学生・社会人を問わず数多くの吹奏楽団が活動しており、吹奏楽のコンサートも盛んに行われています。
横浜みなとみらいホールでは、吹奏楽の新たな取組みとして、プロの吹奏楽団と公募参加者が一緒に吹奏楽のコンサートを作り上げる事業を行いました。13 歳から63 歳までの学生、会社員、子育て中の主婦など様々な市民31 名が参加し、プロ楽団「ぱんだウインドオーケストラ」と『アフリカン・シンフォニー』など全7 曲を大ホールで披露しました。
3 か月間に及ぶ練習期間を経て音楽を介した交流が生まれ、本番ではプロとアマチュアの息の合った熱い演奏が繰り広げられました。「横浜みなとみらいホール吹奏楽同好会YouTube チャンネル」で活動の様子や、本番までのドキュメンタリーを制作し公開しています。

主催

横浜みなとみらいホール

開催日

2018年8月26日~11月25日

開催場所

横浜みなとみらいホール

Photo : リハーサル室での練習風景

閉じる
サムネイル画像:横浜市芸術文化教育プラットフォーム 学校プログラム

横浜市芸術文化教育プラットフォーム 学校プログラム

平成16年度にスタートした、子どものための芸術文化・教育事業です。

横浜の子どもたちの創造性をはぐくみ、豊かな情操を養う機会を拡大するために、横浜などで活動を続けるアートNPOや芸術団体と、地域の文化施設を中心に、学校、アーティスト、企業、地域住民、行政などが連携・協働して実施。学校教育とアートをつなぐ「学校プログラム」を通じて、新しいアートの可能性をさぐっています。

「学校プログラム」は、音楽・美術・演劇・ダンス・伝統芸能など、幅広い分野で活躍している芸術家(アーティスト)が、直接学校へ出かけますが、ふだん文化施設や芸術団体で活動しているスタッフが、学校での実施内容を調整するコーディネーターとして、授業づくりを支援します。対象となる学年と教科等のねらいや、ふだんの学校の様子といった先生がもっている情報と、コーディネーターがもつ文化芸術分野に関する専門知識をかけ合わせることで、効果的なプログラムを実施しています。

<2018年度実施>
・横浜美術館:2校
・横浜みなとみらいホール:3校
・横浜能楽堂:5校
・横浜にぎわい座:4校
・横浜赤レンガ倉庫1号館:3校
・横浜市民ギャラリー:3校
・横浜市民ギャラリーあざみ野:4校
・横浜市磯子区民文化センター:3校
・協働推進グループ:4校

主催

主催:横浜市芸術文化教育プラットフォーム
[当財団は事務局運営参画(協働推進グループ)]

開催日

通年(2018年4月1日~2019年3月31日)

開催場所

市内各所

Photo : 横浜市民ギャラリーあざみ野 学校プログラム すみれが丘小学校 あざみ野にある古河電工パワーシステムズ株式会社が材料となる金属部品等を提供

閉じる
サムネイル画像:特別企画公演<br/>「花開く伝統-日台の名作と新作-」

特別企画公演
「花開く伝統-日台の名作と新作-」

台湾の「国光劇団」と横浜能楽堂が3 年かけて共同制作を行いました。
ユネスコの無形文化遺産にも登録されている中国古典演劇のひとつ「崑劇(こんげき)」の古典作品「繍襦記(しゅうじゅき)」を下地に、日本の夢幻能の形式を取り入れ、三味線音楽を融合させた『繍襦夢(しゅうじゅむ)』を完成させました。
台湾からは国際的に活躍する温宇航(ウェン・ユーハン)と注目の若手、劉珈后(リウ・ジャホウ)らが出演、日本からは常磐津の三味線奏者・常磐津文字兵衛が音楽監督・作曲・演奏を務め、また衣装デザイナーとして、横浜のクリエイターである矢内原充志が参加するなど、日台の各分野を代表する芸術家が、日本と台湾を行き来しながら創作に取り組みました。
6 月に横浜能楽堂で初演した後、国内は新潟市、愛知県豊田市、9 月には台湾の台北・台中へ巡回し上演しました。両国の伝統芸能を現代へつなげ、互いの文化理解と交流が深まる機会となりました。

主催

横浜能楽堂、国光劇団(台湾国立伝統芸術センター)

開催日

2018年6月9日・17日(横浜能楽堂)、9月8日・9日・14日~16日(台湾巡回)

Photo : 日台共同制作「繍襦夢」 ©神田佳明

閉じる
サムネイル画像:YokohamArtLife(ヨコハマートライフ)

YokohamArtLife(ヨコハマートライフ)

芸術創造特別支援事業 リーディング・プログラム「YokohamArtLife(ヨコハマートライフ)」

東京 2020 オリンピック・パラリンピックを契機に、芸術文化活動をレガシーとして地域に浸透させることを目指し、新たな支援事業として、横浜市と共催で実施しました。横浜ならではの芸術文化体験を生み出し、地域への定着を狙った実験的なプロジェクトで、市民の身近に存在する地域ランドマークで実施する事業を対象に、4団体をパートナー(実施団体)として採択しました。
今回の制度の特徴として、当財団は公募・審査の段階で「成果の可視先行」で企画意図・仮説・指標を提案し、採択後の実施過程では「評価をツールとした対話の重視、証左の積み上げ」を行うことで、作品の芸術性の追求のみならず、芸術文化活動が地域に開かれることがあげられます。今回、パートナー(実施団体)はそれぞれの特色を生かし、横浜市内 8 区(保土ケ谷、西、緑、中、鶴見、磯子、旭、金沢)の公園や広場、団地、コミュニティハウス等を会場として活動を展開し、多くの人々の交流が生まれました。これらの活動を通じて、横浜市各区には横浜ならではの環境の魅力があり、独自の表現や風景を生み出せる可能性・価値があることが顕在化しました。また地域には、公園や広場など地域ランドマークとなる場所や建物等が豊富であり、そこに芸術文化プログラムを導入することで共有地(コモンズ)の価値が高まり、地域の変化を促すモデルを提示できました。

主催

公益財団法人横浜市芸術文化振興財団(広報・ACYグループ)

開催日

通年

開催場所

市内各所

Photo : 採択事業「左近山アートフェスティバル!」の様子 ©菅原康太

閉じる
サムネイル画像:MICE・ユニークベニューへの取り組み

MICE・ユニークベニューへの取り組み

日本文化の魅力を能楽堂という特別な空間で紹介する様々な取り組みを行いました。
能楽師が案内する見学会と能楽ワークショップの開催のほか、着付けや箒作りなど、和の文化に触れる講座を行うことで来館者の裾野を広げました。
能楽堂という空間を生かし、企業や MICE 関連事業者にはたらきかけ、訪日外国人を対象としたパーティー利用につなげました。また横浜観光コンベンションビューローとの連携により、ラグビーワールドカップ各国プレス関係者向け見学会や JNTO 主催インド市場キーパーソン招聘事業による見学会等を実施しました。

主催

横浜能楽堂

開催日

通年(2019年4月1日~2020年3月31日)

開催場所

横浜能楽堂

Photo : 11月27日 ユニークベニュー利用の様子

閉じる
サムネイル画像:コレクション展 2020「うつし、描かれた港と水辺」鑑賞サポーター

コレクション展 2020「うつし、描かれた港と水辺」鑑賞サポーター

横浜市民ギャラリーコレクション展 2020
「うつし、描かれた港と水辺」鑑賞サポーター

鑑賞サポーターが事前調査を行い、展示作品の中に登場する横浜のスポットを紹介するマップを作成しました。マップは、展示室内に掲出しました。
しかし新型コロナウイルス感染拡大防止のために、コレクション展は会期途中で開催中止となったことから、展示内容や作品解説をブログで配信し、その際にサポーター作成のマップも紹介しました。

主催

横浜市民ギャラリー

開催場所

横浜市民ギャラリー

Photo : 2月1日 「うつし、描かれた港と水辺」鑑賞サポーター研修の様子

閉じる
サムネイル画像:横浜みなとみらいホール<br/>開館20周年 記念事業

横浜みなとみらいホール
開館20周年 記念事業

開館20周年を迎えた横浜みなとみらいホールは、「次代へ繋がる音楽表現」をテーマにさまざまな企画公演を開催しました。
2018年5月28日に開催された、「井上道義指揮 バーンスタイン生誕100周年記念演奏会」では、ミュージカルだけではない、20世紀を代表する作曲家としてのバーンスタインの魅力を多面的に紹介しました。3時間を超す熱演となり、評価の声高き演奏会となりました。
2018年9月28日には、「サー・サイモン・ラトル指揮 ロンドン交響楽団」の公演を開催。長らくベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を率いてきた名匠・ラトルが、2017-2018シーズンよりロンドン交響楽団の音楽監督に就任。世界が注目する中、就任早々に同楽団を率いての初の日本ツアーとして期待が高まりました。終演後、満席の客席が万雷の拍手に包まれる感動的な演奏となり、クラシック音楽演奏史上記念すべきコンサートのひとつとなりました。
この他、開館20周年を記念して、祝祭感を演出したパイプオルガンのガラコンサートや気鋭の若手の演奏会など多数の公演を開催し、20周年を華やかに彩りました。

主催

横浜みなとみらいホール

開催日

2018年度(2018年4月1日~2019年3月31日)

開催場所

横浜みなとみらいホール 大ホール

Photo : サー・サイモン・ラトル指揮 ロンドン交響楽団 ©藤本史昭

閉じる
PAGE TOP