ロゴ画像:公益財団法人横浜市芸術文化振興財団

WHAT WE DO WHAT WE DO

わたしたちの活動実績

カテゴリー

年度で見る

サムネイル画像:開館40周年 大佛次郎記念館の40年 1978-2018

開館40周年 大佛次郎記念館の40年 1978-2018

開館40周年を記念し、大佛次郎と大佛次郎記念館の歴史をふりかえる展覧会を実施しました。
大佛次郎の著作と生涯を、漫画家・横山隆一による「大佛次郎作品道中図絵」(全長9.3メートル)とともにたどり、前期では、横浜市民ギャラリーが所蔵するやなせたかし画≪大佛次郎記念館上の鞍馬天狗≫(1978年)の展示も見どころの一つとなりました。
ロビーでは公募で寄せられた「私の好きな大佛次郎の一文」をパネル展示し、来館者が大佛次郎の作品に親しむ場を用意したほか、開館記念日の5月1日から3日までを無料開館日とし、抽選会や「建築の魅力発見」ツアーのイベントを行い、多くの来場がありました。

主催

大佛次郎記念館

開催日

2018年3月15日~7月8日

開催場所

大佛次郎記念館

Photo : 「大佛次郎作品道中図絵」に見入る鑑賞者

閉じる
サムネイル画像:明日の浪曲シリーズ<br/>「国本はる乃、真山隼人二人会」

明日の浪曲シリーズ
「国本はる乃、真山隼人二人会」

横浜にぎわい座 小ホール(のげシャーレ)を活用し、若手実演家の育成を行う「登竜門シリーズ」において、関東・関西の浪曲界の期待の若手による二人会をスタートさせました。次代の浪曲界を背負う二人の熱演に、満席の客席からは掛け声や拍手で応える、一体感ある公演となり、新しいファンも育ちつつあります。また節(歌)と啖呵(語り)で構成される、浪曲の音楽性に着目し、「横浜音祭り」の共催公演として、フェスティバルを契機に浪曲の魅力を幅広い層に伝える動画を作成し、広報活動を行いました。

主催

横浜にぎわい座

開催日

2019年6月22日、2020年1月18日

開催場所

横浜にぎわい座 のげシャーレ

Photo : 6 月22日「国本はる乃・真山隼人二人会~明日の浪曲シリーズ」終演後の様子。曲師も交えて。

閉じる
サムネイル画像:海外におけるコレクションの紹介

海外におけるコレクションの紹介

市民の貴重な財産である収蔵作品を海外で紹介し、横浜の新たな魅力向上につなげました。

横浜美術館の写真コレクション展 「氾濫:20世紀日本の写真」(2019年10月11日~2020年3月22日)がナショナル・ギャラリー・オブ・カナダにおいて実施され、メディア等において果敢な試みとして評価されました。

また横浜市民ギャラリーあざみ野において、平成30年度に実施した「横浜市所蔵カメラ・写真コレクション展 暗くて明るいカメラ ーの部屋」(2019年11月23日~2020年2月23日)が 中国・四川省成都市「 A4 Art Museum 」において 巡回開催され好評を博しました。

その他、大佛次郎記念館所蔵の佐多芳郎作「浮舟」 屏風一双 が、メトロポリタン美術館で 開催された「The Tale Of Genji(源氏物語)」(2019年3月5日~6月16日)で展示される等、コレクションを通じて、横浜の魅力発信につながった 1 年となりました。

開催場所

ナショナル・ギャラリー・オブ・カナダ
A4 Art Museum
メトロポリタン美術館

Photo : 11月23日~2月23日「横浜市所蔵カメラ・写真コレクション展 暗くて明るいカメラーの部屋」中国四川省成都『 A4 Art Museum 』オープニング風景

閉じる
サムネイル画像:「革命」寄席 featuring 平岡正明、他

「革命」寄席 featuring 平岡正明、他

「革命」寄席 featuring 平岡正明
 新春特選「ニッポンの芸!」
「御注文に応じます!~文治・二楽二人会」

横浜・野毛を拠点に、大道芸、ジャズ、落語等、大衆芸能のあらゆるジャンルで著作活動を行った平岡正明に注目し、平岡と縁ある芸人による、彼のエピソードなどを題材に展開した演芸会を実施しました。また同時に平岡正明展「平岡的」(2018年5月1日~31日)を開催し、氏の原稿や著作などゆかりの品々を展示して活動を偲ぶとともに、野毛の街の魅力を紹介しました。
また、尾張万歳保存会による御殿万歳や音曲万歳など日本の祝福芸を紹介する新春特選「ニッポンの芸!」(2019年1月4日)の開催や、客席のリクエストに応じた落語と紙切りを行う公演「御注文に応じます!~文治・二楽二人会」(2019年1月11日)等、他の寄席では開催されない独自の企画を実施し、横浜の寄席ならではの魅力を打ち出しました。

主催

横浜にぎわい座

開催場所

横浜にぎわい座

Photo : 平岡正明展「平岡的」

閉じる
サムネイル画像:MICE・ユニークベニューへの取り組み

MICE・ユニークベニューへの取り組み

日本文化の魅力を能楽堂という特別な空間で紹介する様々な取り組みを行いました。
能楽師が案内する見学会と能楽ワークショップの開催のほか、着付けや箒作りなど、和の文化に触れる講座を行うことで来館者の裾野を広げました。
能楽堂という空間を生かし、企業や MICE 関連事業者にはたらきかけ、訪日外国人を対象としたパーティー利用につなげました。また横浜観光コンベンションビューローとの連携により、ラグビーワールドカップ各国プレス関係者向け見学会や JNTO 主催インド市場キーパーソン招聘事業による見学会等を実施しました。

主催

横浜能楽堂

開催日

通年(2019年4月1日~2020年3月31日)

開催場所

横浜能楽堂

Photo : 11月27日 ユニークベニュー利用の様子

閉じる
サムネイル画像:絵でたどるペリー来航

絵でたどるペリー来航

横浜美術館の教育プロジェクトチームは、≪ペルリ提督横浜上陸の図≫を題材とし、従来、横浜市立中学校美術科等の教員たちと協働研究を行い、また、横浜の歴史や風景を題材とした場所をボランティアの案内でめぐる「街歩きツアー」の経験を蓄積してきました。本展はこれらの経験を生かしたユニークな展示となりました。
また、展示室内でボランティアそれぞれの視点を生かしたトークを行うなど、関連事業でもボランティアが活躍しました。

主催

横浜美術館

開催日

2019年9月21日~11月10日

開催場所

横浜美術館アートギャラリー1

Photo : ボランティアトークの様子 ©加藤健

閉じる
サムネイル画像:川瀬賢太郎指揮「ハチャトゥリアン コンチェルツ」

川瀬賢太郎指揮「ハチャトゥリアン コンチェルツ」

川瀬賢太郎指揮 神奈川フィルハーモニー管弦楽団「ハチャトゥリアン コンチェルツ」

「剣の舞」や「仮面舞踏会」で知られるハチャトゥリアンの、全ての協奏曲を一夜で演奏する挑戦的なプログラムを、池辺晋一郎館長の企画・監修により、川瀬賢太郎指揮・神奈川フィルハーモニー管弦楽団とともに上演しました。
指揮者が「この機会を逃したら、10年は聴く機会がないだろう」と語った本公演には、石坂団十郎(チェロ)、佐藤卓史(ピアノ)、郷古廉(ヴァイオリン)の気鋭の若手ソリストが集結し、エネルギッシュな演奏を繰り広げ、来場者の好評を得ました。
公演に先立ち、企画・監修を行った池辺館長と指揮者によるプレトーク が行われ、ハチャトゥリアン作品への理解を促す工夫も行いました。

主催

横浜みなとみらいホール

開催日

2019年6月28日

開催場所

横浜みなとみらいホール 大ホール

Photo : チェロ協奏曲演奏の様子 ©藤本史昭

閉じる
サムネイル画像:あざみ野コンテンポラリー vol.9<br/>今もゆれている

あざみ野コンテンポラリー vol.9
今もゆれている

特定あるいは不特定の「風景」をモチーフとした5人の気鋭のアーティスト(西村有、石垣克子、山城知佳子、露口啓二、今井智己)による作品を紹介しました。
新作、未発表作を含む全66 点で展覧会を構成。写真による実際の風景を示す作品や、絵画による心象的な風景、あるいは劇場的場面を重ねながら神話的な世界観を示す作品もあり、リアルな現実も、フィクショナルな世界観も、人々の記憶の深層につながることで強いリアリティーへと導かれるような鑑賞体験の場が提示されました。
会期中開催したアーティストトークは、制作の背景や経緯について解説され、来場者が作品への理解を深めることができる内容で、遠方からの参加もある等、盛況でした。

主催

横浜市民ギャラリーあざみ野

開催日

2018年9月29日~10月21日

開催場所

横浜市民ギャラリーあざみ野

Photo : 学芸員によるギャラリートークの様子

閉じる
サムネイル画像:コンパスヨコハマ 2019

コンパスヨコハマ 2019

芸術創造特別支援事業 シンボルプログラム「コンパスヨコハマ 2019」

ラグビーワールドカップ 2019™の開催時期にあわせ、横浜の象徴的な場所である、横浜みなとみらい21 地区の中心に位置する「美術の広場」において、芸術文化イベントの開催を通し、横浜ならではの魅力とナイトタイムエコノミーの可能性を伝えるプログラムとして、横浜市と共催で実施しました。会場内に設置された、直径 20mのインスタレーション「ぐるぐる」と大型のアート作品「夢見る金魚」を中心に、アーティストによる展示、ワークショップ、ライヴパフォーマンスが行われました。また広場の木陰ではキッチンカーと DJ ブースによるオープンカフェが広がり、にぎわいました。
横浜みなとみらい 21 地区の開発が進む中で、美術の広場の役割は大きく変化しています。美術館と人々をつなぐ場である都市の広場には、豊かな自然環境があり、そこで美術を共同で体験することで、人々は触発され、商業施設の賑わいも相まって、横浜ならではの風景が生み出されました。本事業は実験的な取り組みとして都市と芸術の可能性を示すこととなりました。

主催

主催:公益財団法人横浜市芸術文化振興財団(広報・ACYグループ)
共催:横浜市

開催日

2019年9月20日~9月29日

開催場所

美術の広場(グランモール公園 横浜美術館前)

Photo : 会場の様子 ©加藤 甫

閉じる
サムネイル画像:層の厚い人気落語家による定例公演

層の厚い人気落語家による定例公演

横浜にぎわい座の定例公演は、流派を超えた人気落語家が研鑽を積む場となっており、他の公共施設では例を見ない公演形態が、特色となっています。2019年度も、三遊亭円楽、柳家さん喬、柳家権太楼、古今亭志ん輔、林家正蔵、立川志の輔、林家たい平、立川志らく、柳家三三、立川生志、桃月庵白酒、三遊亭兼好など 、 ベテランから中堅まで 、 豪華な顔ぶれによる公演を実施し、来場者の好評を得ました 。
また400 席 という演者と客席にとって適度な距離感の芸能ホール における 、 一期一会の口演の積み重ねは 、 落語の魅力を力強く伝えるものとなっており、落語ファンの裾野を広げるとともに、落語文化を育てる場として 定着してきて おり、高い評価を受けています。

主催

横浜にぎわい座

開催場所

横浜にぎわい座 芸能ホール

Photo : 2月 1 3 日 「狂言と落語の会」より桃月庵白酒 珍しい演目「犬の災難」を口演

閉じる
矢印:ページ上部に移動します PAGE TOP