ロゴ画像:公益財団法人横浜市芸術文化振興財団

WHAT WE DO WHAT WE DO

わたしたちの活動実績

カテゴリー

年度で見る

サムネイル画像:地域の学校との連携による取組

地域の学校との連携による取組

地域の文化施設として、学校と連携し、施設の内外において子どもたちの文化体験の場をつくりました。磯子区内の小学校を磯子区民文化センター 杉田劇場にむかえ、劇場の本格的な環境で芸術体験をする「杉劇アート体験塾」を行いました。普段子どもたちが関わることの少ない「伝統芸能」に焦点をあて、年 3 回、延べ 4 校、453 名が参加しました。
一方で磯子区民文化センター 杉田劇場のさまざまな事業を学校や地域にアウトリーチする「杉劇キャラバン」を区内の小学校や幼児園、地域のお祭り等さまざまな場所で展開したほか、小中学校へアーティストを派遣する横浜市芸術文化教育プラットフォームのコーディネーターとして、区内5校にアウトリーチを行いました。

主催

横浜市磯子区民文化センター 杉田劇場

開催場所

横浜市磯子区民文化センター 杉田劇場、市内小学校・幼稚園他

Photo : 2月5日杉劇アート de 伝承プロジェクト「杉劇アート体験塾 vol.12~雅楽~」の様子

閉じる
サムネイル画像:企業・地域と劇場をつなぐ<br/>赤レンガ・ダンスプロジェクト

企業・地域と劇場をつなぐ
赤レンガ・ダンスプロジェクト

ダンスをしたことがない、興味はあるが機会がない、劇場があることを知らない、そうした方々へもっとダンスや劇場を知っていただく場を、地域の企業と連携して実現するプロジェクトの 3 回目を実施しました。
株式会社横浜赤レンガをパートナーとし、運営会社社員、横浜赤レンガ倉庫の店舗スタッフ、文化施設運営スタッフ等幅広い参加者でオリジナルダンスを作り、赤レンガ倉庫を取り巻く人々にダンスの楽しさを広く伝え、観客創造に取り組みました。オリジナルダンス動画『四季めぐり 皆と未来へ 花ひらく』は動画配信サイトおよび企業のサイトで配信され、2019年3月31日時点での再生回数は 86万回以上となっています。

主催

横浜赤レンガ倉庫1号館

開催日

2019年9月9日~2020年2月8日

Photo : 10月23日 映像撮影時の様子 ©菅原康太

閉じる
サムネイル画像:大和和紀「ヨコハマ物語」×大佛次郎の横濱

大和和紀「ヨコハマ物語」×大佛次郎の横濱

小説と漫画という異なる手法から、開港期の横浜の歴史や魅力に迫る展示を行いました。全国から幅広い年代の来館者があり、発信力ある事業となりました。
初めてweb 広告を用い Facebook で集客を行うと共に、元町商店街を中心とした店舗・レストラン等へのポスター掲示を積極的に行いました。
また、大和和紀スペシャルトークショー、地元企業の協力による「横浜港とお茶の歴史講座」、バッスルドレスの展示など 、作品の世界観を伝える 多彩なイベントを展開しました。

主催

大佛次郎記念館

開催日

2019年4月3日〜9月8日

開催場所

大佛次郎記念館

Photo : 展示の様子

閉じる
サムネイル画像:淺井裕介と市民による共同制作プロジェクト「美術館を耕す」

淺井裕介と市民による共同制作プロジェクト「美術館を耕す」

淺井裕介と市民による共同制作プロジェクト「美術館を耕す」Meet the Collection 展

横浜美術館「Meet the Collection」展のゲスト・アーティストの淺井裕介が市民とともに大型の作品を制作しました。「子どものアトリエ」、「市民のアトリエ」と企画展との共同制作プロジェクトとして実施し、市民とともに 30 周年を祝いました。
制作したインスタレーション作品は会期中、グランドギャラリーに展示されました。

主催

横浜美術館

開催日

2019年4月27日、4月28日

開催場所

横浜美術館グランドギャラリー

Photo : 4 月27日 制作の様子

閉じる
サムネイル画像:あざみのこどもぎゃらりぃ 2019<br/>「リサイクルアートに挑戦!」

あざみのこどもぎゃらりぃ 2019
「リサイクルアートに挑戦!」

地元企業の協力により提供された、工場から出る金属やプラスチックの工業部品を利用し、アーティストの監修のもと、子どもたちがアート作品を作るワークショップを開催しました。作品は子どものための展覧会「あざみ野こどもぎゃらりぃ 2019」の会場で展示しました。子どもならではの自由な表現に来館者から感嘆の声が聞かれたほか、来館者が地域産業の魅力を知る機会にもつながりました。

主催

横浜市民ギャラリーあざみ野

開催日

2019年7月13日、7月15日

開催場所

横浜市民ギャラリーあざみ野

Photo : 7月15日 ワークショップの様子

閉じる
サムネイル画像:杉劇 アート de 伝承プロジェクト

杉劇 アート de 伝承プロジェクト

横浜市磯子区民文化センターでは、2017年度から3 年間のプロジェクトとして、後継者や担い手不足が課題となる、地域の伝統文化を伝承・普及するためのプログラムを実施しています。2 年目の2018年度は活動を本格化させました。
「調査・記録プログラム」では、磯子区内の15 の神社やその関係者へヒアリングを行うとともに、お祭りやお囃子の調査を定期的に行い、地域に根差した3 つのお囃子に出会うことができました。
2 月に実施した横浜市磯子区民文化センター「杉田劇場 冬まつりライブ2019」には、3 つのお囃子の一つ、岡村囃子一友會が出演し、地域に残る伝統芸能を紹介することができました。
また「伝承プログラム」では、区内の小学生を対象に、区内在住の笙奏者による雅楽と舞楽を解説付きで上演しました。教員向けの講座も開催し、身近な地域の方から子どもたちや教育に携わる関係者へ伝統芸能の魅力を伝え、理解を深める機会を提供しました。

主催

横浜市磯子区民文化センター 杉田劇場

開催日

通年(2018年4月1日~2019年3月31日)

Photo : 杉田劇場 冬まつりライブ2019 にて、岡村囃子一友會の演奏

閉じる
サムネイル画像:プラットフォームミーティング<br/>WE BRAND YOKOHAMA

プラットフォームミーティング
WE BRAND YOKOHAMA

「文化芸術創造都市・横浜」の実現に向け、アーティスト・クリエイターだけでなく、企業やNPO、大学・研究機関等の関係者が出会い交流し、相乗効果を生み出していく場となるプラットフォーム形成を目指し、平成29 年度のプロジェクトを発展させたミーティング・プログラム「WEBRAND YOKOHAMA」を開催しました。産官学の枠組みを超えた多彩な人材が3 日間にわたり交流。密度の濃い時間と議論を共有することで、先駆的で発信力のある取組や新たなビジネス機会の創出など、波及効果が生まれ始めています。今後も丁寧に関係性を築き、創造性による都市づくりをリードしていきます。

主催

公益財団法人横浜市芸術文化振興財団(アーツコミッション・ヨコハマ)
横浜市文化観光局

開催日

2019年2月26日、3月5日、3月12日

開催場所

THE BAYS

Photo : ©森本聡(カラーコーディネーション)

閉じる
サムネイル画像:開館40周年 大佛次郎記念館の40年 1978-2018

開館40周年 大佛次郎記念館の40年 1978-2018

開館40周年を記念し、大佛次郎と大佛次郎記念館の歴史をふりかえる展覧会を実施しました。
大佛次郎の著作と生涯を、漫画家・横山隆一による「大佛次郎作品道中図絵」(全長9.3メートル)とともにたどり、前期では、横浜市民ギャラリーが所蔵するやなせたかし画≪大佛次郎記念館上の鞍馬天狗≫(1978年)の展示も見どころの一つとなりました。
ロビーでは公募で寄せられた「私の好きな大佛次郎の一文」をパネル展示し、来館者が大佛次郎の作品に親しむ場を用意したほか、開館記念日の5月1日から3日までを無料開館日とし、抽選会や「建築の魅力発見」ツアーのイベントを行い、多くの来場がありました。

主催

大佛次郎記念館

開催日

2018年3月15日~7月8日

開催場所

大佛次郎記念館

Photo : 「大佛次郎作品道中図絵」に見入る鑑賞者

閉じる
サムネイル画像:横浜市立中学校アニメーション<br/>フェスティバル2018

横浜市立中学校アニメーション
フェスティバル2018

横浜市民ギャラリーあざみ野では、平成24 年(2012 年)から毎年夏、市内中学校教員を対象とした「教師のためのワークショップ」を実施し、アニメーション作成のノウハウなど実技を研修してきました。その結果、学校の授業や部活動を通して中学生によるアニメーション作品が多数制作されました。
ワークショップの実施から7 年目を迎えた本年、7 校の中学校の生徒による作品と、教師たち自身による作品の、合わせて20 作品以上を紹介する上映会を開催しました。司会進行を生徒が務め、作品上映にあたって、制作した生徒が自ら作品紹介を行いました。
講師による講評や、他校の生徒や教師との意見交換も行われ、表現することの喜びや達成感に加え、様々な感じ方や視点があることを体験する貴重な場となりました。

主催

横浜市民ギャラリーあざみ野

開催日

2018年9月15日

開催場所

横浜市民ギャラリーあざみ野 3階アトリエ

Photo : 中学生による作品上映の様子

閉じる
サムネイル画像:クリエイティブ・インクルージョンへの取り組み

クリエイティブ・インクルージョンへの取り組み

横浜みなとみらいホールは、2010 年から、横浜市の盲特別支援学校の生徒を対象としたワークショップを実施するなど、障がいの有無に関わらず、誰もが音楽を楽しむことができる取組みに、注力してきました。
2019年度は、横浜市内全域に展開する音楽フェスティバル「横浜音祭り2019」が開催され、横浜みなとみらいホールはメイン会場として多彩な事業を実施しました。中でもフェスティバル・コンセプトのひとつである「クリエイティブ・インクルージョン」においては特色のある事業を展開しました。
視覚障がいのある演奏者と晴眼の演奏者によるアンサンブルが、会場の照明をすべて消した状態で演奏する「ミュージック・イン・ザ・ダーク」では、演奏者も観客も、会場内の誰もが「何も見えない」状態の中、あらゆる感覚を研ぎ澄ませて音楽を楽しむという未知の体験に、感動の声があがりました。発達障害のある子どもとその保護者を対象とした事業「音と光の動物園」は、「動物の謝肉祭」の演奏とともに、子どもたちが作ったペーパークラフトの動物がアニメーションとなった映像を鑑賞。美術、音楽、映像、デジタルアートなど、広範な芸術と触れ合い、子どもたちの自発性・表現力を引き出す取り組みとなりました。
また、東京藝術大学 COI 拠点とヤマハ株式会社が共同で開発した、指 1 本で伴奏つきの演奏が可能になる楽器「ディスクラヴィア」を活用した「だれでもピアノ」では、前年度、横浜みなとみらいホールで実施した取り組みの新たな展開として、「象の鼻テラス」を会場に楽器を設置し実施しました。横浜開港の地であり、文化観光拠点の一つである空間で、訪れる人だれもが音楽に触れられる機会となりました。

主催

横浜みなとみらいホール

開催日

2019年度(2019年4月1日~2020年3月31日)

開催場所

横浜みなとみらいホール、象の鼻テラス

Photo : 10月20日 「だれでもピアノ」の様子/象の鼻テラス ©平舘平

閉じる
矢印:ページ上部に移動します PAGE TOP