ロゴ画像:公益財団法人横浜市芸術文化振興財団

WHAT WE DO WHAT WE DO

わたしたちの活動実績

カテゴリー

年度で見る

サムネイル画像:クリエイティブ・インクルージョンへの取り組み

クリエイティブ・インクルージョンへの取り組み

横浜みなとみらいホールは、2010 年から、横浜市の盲特別支援学校の生徒を対象としたワークショップを実施するなど、障がいの有無に関わらず、誰もが音楽を楽しむことができる取組みに、注力してきました。
2019年度は、横浜市内全域に展開する音楽フェスティバル「横浜音祭り2019」が開催され、横浜みなとみらいホールはメイン会場として多彩な事業を実施しました。中でもフェスティバル・コンセプトのひとつである「クリエイティブ・インクルージョン」においては特色のある事業を展開しました。
視覚障がいのある演奏者と晴眼の演奏者によるアンサンブルが、会場の照明をすべて消した状態で演奏する「ミュージック・イン・ザ・ダーク」では、演奏者も観客も、会場内の誰もが「何も見えない」状態の中、あらゆる感覚を研ぎ澄ませて音楽を楽しむという未知の体験に、感動の声があがりました。発達障害のある子どもとその保護者を対象とした事業「音と光の動物園」は、「動物の謝肉祭」の演奏とともに、子どもたちが作ったペーパークラフトの動物がアニメーションとなった映像を鑑賞。美術、音楽、映像、デジタルアートなど、広範な芸術と触れ合い、子どもたちの自発性・表現力を引き出す取り組みとなりました。
また、東京藝術大学 COI 拠点とヤマハ株式会社が共同で開発した、指 1 本で伴奏つきの演奏が可能になる楽器「ディスクラヴィア」を活用した「だれでもピアノ」では、前年度、横浜みなとみらいホールで実施した取り組みの新たな展開として、「象の鼻テラス」を会場に楽器を設置し実施しました。横浜開港の地であり、文化観光拠点の一つである空間で、訪れる人だれもが音楽に触れられる機会となりました。

主催

横浜みなとみらいホール

開催日

2019年度(2019年4月1日~2020年3月31日)

開催場所

横浜みなとみらいホール、象の鼻テラス

Photo : 10月20日 「だれでもピアノ」の様子/象の鼻テラス ©平舘平

閉じる
サムネイル画像:からだできくオペラ/だれでもピアニスト だれでもアーティスト

からだできくオペラ/だれでもピアニスト だれでもアーティスト

横浜みなとみらいホールでは、東京藝術大学 COI 拠点「障がいと表現研究」グループと協働して、障がいの有無や、個々の技術的能力や経験に関わらず、音楽の楽しさを体感できる社会包摂型のプログラムを実施しました。
「からだできくオペラ」(2018年12月26日)では、聴覚障がいのある小学生22 名が、オペラに登場する動物を表現したパントマイムや紙芝居などから連想してオペラの歌詞を作り、その作品の生演奏による上演を振動を伝えるスピーカーや映像と共に楽しみました。
「だれでもピアニスト だれでもアーティスト」(2019年3月2日)では、指 1 本だけを使ってメロディを弾くと、その速度に合わせて自動的に伴奏がつくシステムを搭載した自動演奏ピアノ「ディスクラビア」 を使用。特別支援学校の生徒や、未就学児から高齢の方まで多様な方たちが横浜みなとみらいホール小ホールで演奏し、本格的な環境の中、音楽体験を行いました。

主催

からだできくオペラ
主催:文化庁、東京藝術大学
共催:RamAir.LLC、横浜みなとみらいホール、横浜アーツフェスティバル実行委員会

だれでもピアニスト だれでもアーティスト
主催:横浜みなとみらいホール
共催:横浜アーツフェスティバル実行委員会、東京藝術大学COI拠点

開催場所

横浜みなとみらいホール

Photo : 「からだできくオペラ」の様子

閉じる
サムネイル画像:クリエイティブ・インクルージョン活動助成

クリエイティブ・インクルージョン活動助成

アーツコミッション・ヨコハマでは共生社会の実現を目指し、多様性や社会の持続可能性を視野に芸術表現を追求するアーティスト、クリエイター等を支援しています。助成という枠組みにとどまらず、採択された団体が自立したプログラムとして継続できるように、年間を通じてサポートしています。
2019年度は 4 団体を採択しました。新規の採択となった「アート・クリエイティブによる病院内コミュニケーション増進プロジェクト」では、アートマネジメントを行うアートマネジメントオフィス アホイ!(代表:塚田信郎)が、横浜市内の病院で、入院中の子ども達やその家族などを対象に、アーティスト・クリエイターと協働しアートプログラムを実施。病院内外のコミュニケーションを活性化させ、病院をより過ごしやすい空間に変えました。
他にも、アーティストらが持つ独自のまなざしに注目した取り組みはメディアでの発信力も高く、多くの市民が作品などを通じて共生社会について考えるきっかけをつくりました。

主催

公益財団法人横浜市芸術文化振興財団(アーツコミッション・ヨコハマ)

開催日

通年(2019年4月1日~2020年3月31日)

Photo : 採択事業「アート・クリエイティブによる病院内コミュニケーション増進プロジェクト」©大野隆介

閉じる
サムネイル画像:英国ホストタウン交流事業

英国ホストタウン交流事業

横浜市及びブリティッシュ・カウンシルと連携し、クリエイティブ活動における平等、多様性、包摂(Equalities,Diversity and Inclusion)について先進的な取組みを行っているスコットランドから専門家を招き、フォーラムとその実践に向けたワークショップを開催しました。フォーラムでは、今後の世界において、文化芸術にとっても平等と多様性が根幹になっていくであろうこと、それらへの取り組みは常に継続し改善してくことが大切であることなどが提示されました。「多様性を考えるとき、障がいや人種といった観点だけでなく、私たち全員に多様性があり、その誰もが保護されなければならない」、「誰がマジョリティで誰がマイノリティかということは状況によって入れ変わる。一人ひとりの視点から主体的に考えていくことが大切だ」といった意見が交わされ、参加した多くの文化芸術関係者と共にグローバルな課題として共有することができました。

主催

公益財団法人横浜市芸術文化振興財団(アーツコミッション・ヨコハマ)、横浜市文化観光局、ブリティッシュ・カウンシル

開催日

2019年2月19日~21日

開催場所

神奈川県民ホール・大会議室、象の鼻テラス

Photo : フォーラムのパネルディスカッションにて発言する、ミリカ・ミロシェビッチ氏(クリエイティブ・スコットランド戦略部門イコーリティ・ダイバーシティ・インクルージョン担当長) ©森本聡(カラーコーディネーション)

閉じる
サムネイル画像:クリエイティブ・インクルージョン活動助成

クリエイティブ・インクルージョン活動助成

共生社会の実現を目指し、多様性や社会の持続可能性を視野に芸術表現を追求するアーティスト、クリエイター等を支援しています。
3年目の2018年度は、全6団体を採択しました。3年間継続採択となった「コトブキインサイドプロジェクト」では、ファッションデザイナーの矢内原充志が寿町の住民と対話を重ね、自身のブランドから彼らの服をコーディネートしてポートレイトを撮影。創造性が、誰もが根源に持つ普遍的なものであることをファッションを通して視覚化し、これまでの成果を発表した展覧会を通して表現の可能性を広く伝えました。
他にも、アーティストらが持つ独自の眼差しに注目し、共生社会の実現に向けた先駆的な取り組みを支援しました。多数のメディアで紹介されるなど、横浜独自の新たな取組みとして、発信することができました。

主催

公益財団法人横浜市芸術文化振興財団(アーツコミッション・ヨコハマ)

開催日

通年(2018年4月1日~2019年3月31日)

Photo : 矢内原充志『KOTOBUKI INSIDE』

閉じる
PAGE TOP