ロゴ画像:公益財団法人横浜市芸術文化振興財団

WHAT WE DO WHAT WE DO

わたしたちの活動実績

カテゴリー

年度で見る

サムネイル画像:絵でたどるペリー来航

絵でたどるペリー来航

横浜美術館の教育プロジェクトチームは、≪ペルリ提督横浜上陸の図≫を題材とし、従来、横浜市立中学校美術科等の教員たちと協働研究を行い、また、横浜の歴史や風景を題材とした場所をボランティアの案内でめぐる「街歩きツアー」の経験を蓄積してきました。本展はこれらの経験を生かしたユニークな展示となりました。
また、展示室内でボランティアそれぞれの視点を生かしたトークを行うなど、関連事業でもボランティアが活躍しました。

主催

横浜美術館

開催日

2019年9月21日~11月10日

開催場所

横浜美術館アートギャラリー1

Photo : ボランティアトークの様子 ©加藤健

閉じる
サムネイル画像:わくわくブラス!in みなとみらい

わくわくブラス!in みなとみらい

日本の吹奏楽発祥の地である横浜は、学生・社会人を問わず数多くの吹奏楽団が活動しており、吹奏楽のコンサートも盛んに行われています。
横浜みなとみらいホールでは、吹奏楽の新たな取組みとして、プロの吹奏楽団と公募参加者が一緒に吹奏楽のコンサートを作り上げる事業を行いました。13 歳から63 歳までの学生、会社員、子育て中の主婦など様々な市民31 名が参加し、プロ楽団「ぱんだウインドオーケストラ」と『アフリカン・シンフォニー』など全7 曲を大ホールで披露しました。
3 か月間に及ぶ練習期間を経て音楽を介した交流が生まれ、本番ではプロとアマチュアの息の合った熱い演奏が繰り広げられました。「横浜みなとみらいホール吹奏楽同好会YouTube チャンネル」で活動の様子や、本番までのドキュメンタリーを制作し公開しています。

主催

横浜みなとみらいホール

開催日

2018年8月26日~11月25日

開催場所

横浜みなとみらいホール

Photo : リハーサル室での練習風景

閉じる
サムネイル画像:YokohamArtLife(ヨコハマートライフ)

YokohamArtLife(ヨコハマートライフ)

芸術創造特別支援事業 リーディング・プログラム「YokohamArtLife(ヨコハマートライフ)」

東京 2020 オリンピック・パラリンピックを契機に、芸術文化活動をレガシーとして地域に浸透させることを目指し、新たな支援事業として、横浜市と共催で実施しました。横浜ならではの芸術文化体験を生み出し、地域への定着を狙った実験的なプロジェクトで、市民の身近に存在する地域ランドマークで実施する事業を対象に、4団体をパートナー(実施団体)として採択しました。
今回の制度の特徴として、当財団は公募・審査の段階で「成果の可視先行」で企画意図・仮説・指標を提案し、採択後の実施過程では「評価をツールとした対話の重視、証左の積み上げ」を行うことで、作品の芸術性の追求のみならず、芸術文化活動が地域に開かれることがあげられます。今回、パートナー(実施団体)はそれぞれの特色を生かし、横浜市内 8 区(保土ケ谷、西、緑、中、鶴見、磯子、旭、金沢)の公園や広場、団地、コミュニティハウス等を会場として活動を展開し、多くの人々の交流が生まれました。これらの活動を通じて、横浜市各区には横浜ならではの環境の魅力があり、独自の表現や風景を生み出せる可能性・価値があることが顕在化しました。また地域には、公園や広場など地域ランドマークとなる場所や建物等が豊富であり、そこに芸術文化プログラムを導入することで共有地(コモンズ)の価値が高まり、地域の変化を促すモデルを提示できました。

主催

公益財団法人横浜市芸術文化振興財団(広報・ACYグループ)

開催日

通年

開催場所

市内各所

Photo : 採択事業「左近山アートフェスティバル!」の様子 ©菅原康太

閉じる
サムネイル画像:淺井裕介と市民による共同制作プロジェクト「美術館を耕す」

淺井裕介と市民による共同制作プロジェクト「美術館を耕す」

淺井裕介と市民による共同制作プロジェクト「美術館を耕す」Meet the Collection 展

横浜美術館「Meet the Collection」展のゲスト・アーティストの淺井裕介が市民とともに大型の作品を制作しました。「子どものアトリエ」、「市民のアトリエ」と企画展との共同制作プロジェクトとして実施し、市民とともに 30 周年を祝いました。
制作したインスタレーション作品は会期中、グランドギャラリーに展示されました。

主催

横浜美術館

開催日

2019年4月27日、4月28日

開催場所

横浜美術館グランドギャラリー

Photo : 4 月27日 制作の様子

閉じる
サムネイル画像:横濱 JAZZ PROMENADE 2018

横濱 JAZZ PROMENADE 2018

25周年を記念し、本公演に先立って、横浜を代表する場所・氷川丸で16 年ぶりとなる船上ライブを計画しました。当日は、台風接近のためライブは中止となりましたが、急遽、氷川丸船内からの特別演奏の様子をインターネットで生配信し、好評を得ました。10月6日、7日に実施した本公演では、これまで横濱JAZZPROMENADE の歴史を作ってきたベテランプレイヤーと、若手ミュージシャンを組み合わせた魅力的なステージを実施した他、街角ライブ会場に新たな会場を加える等、今年もプロ、アマチュア、ジャズクラブ、ボランティア、来場者が一体となって街を盛り上げ、15万人の来場者を迎えました。
また今年度は、聴覚に障がいのある方を対象とした体験型ワークショップを初めて実施し、多様な人々がジャズを楽むことができる手法について模索しました。3年目となったデトロイトジャズフェスティバルとの交流では、昨年のコンペティションで優勝した、浅葉裕文トリオを現地へ派遣しました。一方、横濱 JAZZ PROMENADE 2018には「デトロイトジャズフェスティバル・オールスターズ」が来日し、熱演を繰り広げました。デトロイトとの交流は3年間で一旦終了しますが、今後も情報交換等を行うことで、交流を継続します。

主催

主催:横濱ジャズプロムナード実行委員会
[事務局:公益財団法人横浜市芸術文化振興財団(協働推進グループ)]
共催:横浜市文化観光局

開催日

2018年10月6日・7日

開催場所

関内、桜木町、みなとみらい、元町・中華街エリアほか市内各所

Photo : デトロイトジャズフェスティバルスペシャルバンド+浅葉裕文DETROIT TRIO/関内大ホール ©YJP(撮影:山田)

閉じる
サムネイル画像:親が知っておきたい「“おえかき”の楽しみ方」

親が知っておきたい「“おえかき”の楽しみ方」

親が知っておきたい「“おえかき”の楽しみ方」
「~紙あそび・お絵かきあそび~」

市民からの人気が高い、横浜市民ギャラリーの美術講座の新たな試みとして、乳幼児を持つ保護者を対象とした創作のためのレクチャーを実施しました。市民ギャラリーの経験豊富なエデュケーターが講師を務め、開催した 3 回の講座には、多くの参加者があり、満足度の高い講座となりました。

主催

横浜市民ギャラリー アトリエ

開催日

2019年5月30日、6月27日、2020年1月29日

開催場所

横浜市民ギャラリー
閉じる
サムネイル画像:コレクション展 2020「うつし、描かれた港と水辺」鑑賞サポーター

コレクション展 2020「うつし、描かれた港と水辺」鑑賞サポーター

横浜市民ギャラリーコレクション展 2020
「うつし、描かれた港と水辺」鑑賞サポーター

鑑賞サポーターが事前調査を行い、展示作品の中に登場する横浜のスポットを紹介するマップを作成しました。マップは、展示室内に掲出しました。
しかし新型コロナウイルス感染拡大防止のために、コレクション展は会期途中で開催中止となったことから、展示内容や作品解説をブログで配信し、その際にサポーター作成のマップも紹介しました。

主催

横浜市民ギャラリー

開催場所

横浜市民ギャラリー

Photo : 2月1日 「うつし、描かれた港と水辺」鑑賞サポーター研修の様子

閉じる
PAGE TOP